武将一覧

現在登録されている武将の一覧です。

写真 名前 プロフィール マッピング数
Gozaaru icon
まえだとしいえ

前田利家

マッピング数:7
前田 利家(まえだ としいえ)とは、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、戦国大名。加賀藩主前田氏の祖。豊臣政権の五大老の一人。 7 詳細を見る
Gozaaru icon
まつだいらきよやす

松平清康

マッピング数:0
松平 清康(まつだいら きよやす)は、戦国時代の武将。三河松平氏(安祥松平家)の第7代当主。第6代当主・松平信忠の子。三河国安祥城城主および岡崎城主。安祥松平家は清康の代に安城岡崎を兼領し、武威をもって離反していた一族・家臣の掌握を進め西三河の地盤を固めた。徳川家康の祖父にあたる。 0 詳細を見る
Gozaaru icon
まつながひさひで

松永久秀

マッピング数:3
松永 久秀(まつなが ひさひで)は、戦国時代の武将。大和国の戦国大名。官位を合わせた松永弾正(まつなが だんじょう)の名で知られる。弟に長頼、嫡男に久通、養子に永種(貞徳の父)。 3 詳細を見る
Gozaaru icon
みよしながよし

三好長慶

マッピング数:5
三好 長慶(みよし ながよし)は、戦国時代の武将。畿内・阿波国の戦国大名。室町幕府の摂津守護代、相伴衆。 5 詳細を見る
Gozaaru icon
もうりてるもと

毛利輝元

マッピング数:3
毛利 輝元(もうり てるもと)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての大名。父である隆元の早世により祖父の元就在世中に当主となる。豊臣政権五大老の一人であり、関ヶ原の戦いでは西軍の総大将として擁立された。長州藩の藩祖。 3 詳細を見る
Gozaaru icon
もうりもとなり

毛利元就

マッピング数:4
毛利 元就(もうり もとなり)は、室町時代後期から戦国時代にかけての安芸(現在の広島県西部)の国人領主・戦国大名。 4 詳細を見る
Gozaaru icon
もがみよしあき

最上義光

マッピング数:2
最上 義光(もがみ よしあき)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての出羽国の大名。最上氏第11代当主。出羽山形藩の初代藩主。伊達政宗の伯父にあたる。関ヶ原の戦いにおいて東軍につき、最上家を57万石の大大名に成長させて全盛期を築き上げた。兜は、三十八間金覆輪筋兜。 2 詳細を見る
Gozaaru icon
もりなりとし

森成利

マッピング数:2
森 成利(もり なりとし)は、安土桃山時代の武将。森 蘭丸(もり らんまる)という名で知られる織田信長の近習である。本能寺の変で主君と2人の弟と共に討死した。 名前については異説が多く、幼名を乱(らん)とするものや、諱を長定(ながさだ)や長康(ながやす)とするものなど幾つかあるが、本記事においては諱として有力とされる成利で統一する。 2 詳細を見る